プライバシー保護について

どのような情報が、どのような方法で収集されるのか?

お客様からの情報は、いくつかの方法で収集されます。たとえば、 お客様が当社に情報を提供する場合、情報収集が自動的に行われる場合、また情報を第三者が当社と共有する場合などがあります。

  • 当社のウェブサイトのいずれか、あるいは当社の販売促進や広告パートナー企業のウェブサイトから、お客様が自身の情報を当社に提供する場合。

当社からのEメールの受信、情報の請求、コメントの投稿、製品レビューの投稿、あるいは販売促進活動(たとえば、コンテストや懸賞)や調査のための登録を行う際にお客様が個人情報を提供する場合、当社は、名前、生年月日、郵便用の住所、Eメール アドレスなどの情報を収集します。 たとえば、テレビ局のウェブサイトで、SC Johnsonのある製品の販促などのコンテンツを見て、自身の選択によりSC Johnsonからの情報を受け取ることにした場合、要請に従い当社から連絡できるよう、そのテレビ局のウェブサイトから当社にお客様が入力した情報が転送されてきます。

SC Johnsonのウェブサイトで買い物その他の商業サービスを実施している場合、お客様は、注文フォームを使って情報や製品、サービスを要請します。 この注文フォームでは、銀行口座やクレジットカード番号などの財務情報を尋ねる場合があります。 この情報は、セキュリティ保護された閲覧セッションから当社に送信されてきます。 セキュリティ保護されていない閲覧セッションからは、決して財務情報を送らないようにしてください。

個人情報を当社に送信するか否かは、お客様の判断次第です。 ただし必須の詳細情報を入力しない場合(たとえば、登録フォームでそれが指定されていることがあります)、そのウェブサイトの機能や特徴の一部、あるいは当社のサービスや販売促進活動の一部を利用できなくなります(コンテストや懸賞に参加できないなど)。

  • 当社のいずれかのウェブサイト、あるいは当社の販売促進または広告パートナーのいずれかのウェブサイトを見る際に 自動的に収集される情報 

当社ならびに第三者である広告代理店やサービス プロバイダーは、お客様のブラウザーにクッキーやビーコンなどの追跡技術を配置する場合があります。これらは、当社のいずれかのウェブサイトにアクセスした際に、 個人情報ではない一般的情報を 自動的に収集します( クッキーやビーコンについての詳しい説明と、こうした情報の自動収集を中止する方法については、本「プライバシー保護について」で後述します )。 お客様のIPアドレスは、一部の諸国の法律では個人情報と見なされていますが、IPアドレスも自動化技術により収集される場合があります。IPアドレスの収集と、個人のPCとウェブサイト閲覧の習慣とを関連付ける能力に関しては、以下のセクションで詳しく説明します。

当社の販促や広告パートナーのいずれかのウェブサイトを閲覧する際、当社のクッキーやビーコンが、閲覧中のSC Johnsonのコンテンツ(たとえば、製品の販促や広告など)経由でお客様のPC に配置されます。

クッキーやビーコンによって収集した情報は、当社あるいは当社の販促や広告パートナーが、ターゲットを絞った広告をお客様に届けるために利用する場合があります。 関係のない企業のウェブサイトに広告を表示する場合がありますが、これは第三者広告サービス、あるいはターゲットを絞った広告と呼ばれます。(関係のないウェブサイトでのオンライン広告の表示(第三者広告サービス、あるいはターゲットを絞った広告)について、またそうした広告の発信を止める方法については、後に本「プライバシー保護について」で詳しく説明します。

自動的に収集される場合がある情報の種類としては、次のものがあります。

  • インターネット ブラウザーのタイプ
  • コンピューターのタイプ
  • IP アドレス**
    • **注記: IPアドレスとは、お客様のインターネット サービス プロバイダー(ISP)がお客様のコンピュー ターに割り当てる番号のことで、この番号を使ってインターネットにアクセスできるようになります。 一部のISPでは、インターネットに接続するたびに新たなIPアドレスを割り当てますが、毎回同じIPアドレスを割り当てるISPもあります。 いつも同じIPアドレスを割り当てられている場合、インターネット閲覧の習慣が、お客様個人のPCと関係づけられる可能性があります。
  • オペレーティング システム
  • 閲覧したウェブページ
  • クリックしたリンク
  • ウェブページを閲覧した日時

こうした情報を用いて当社のサーバーの問題を診断し、ウェブサイトのナビゲーションを評価し、当社のサイトを訪れるお客様の人口動態を把握します。それに基づき、個々のお客様により適合した内容や、さらに多くの機能やオファーを提供することで、お客様のウェブサイト上での経験を改善することができるようになります。

  • 第三者が当社と 共有する情報

公的なデータベースやデータ集計企業、あるいはその他お客様が自身の情報をその企業と共有することに合意した各企業やそのウェブサイトなど、他のソースからお客様に関する情報を受け取る場合もあります。 たとえば、テレビ局のウェブサイトでテレビ番組のコンテンツを閲覧している際に、その番組についての定期的なお知らせやニュースを受け取るために登録する機会があるかも知れません。 登録中に、テレビ局が、そのパートナー各社とお客様の情報を共有してもよいかを尋ねてくる場合があります。 それに同意した場合、SC Johnsonがそのテレビ局のパートナーの一社であれば、当社もその情報の一部を受け取ることになります。

さらに当社では、ソーシャル ネットワークのサイトからお客様に関する情報を受け取る場合もあります。これは、お客様あるいはその他のユーザー(たとえば、「友達」など)が、お客様のプロフィールやコメント、「コネクション」などを当社にアクセス可能と設定している場合、当社に「いいね!」をした場合、またはSC Johnsonがソーシャル ネットワークのサイト内部でスポンサーを務めるページやプログラムに参加した場合(たとえば、SC JohnsonのFacebookページなど)などです。 当社が受け取る情報の種類としては、お客様の友達のリスト、お客様が投稿したコメント、グループやロケーションなどがあります。

当社のウェブサイトにはさらに、第三者からの「プラグイン」やその他のウェブサイト機能を有している可能性があります。たとえば、Facebookでの「いいね!」ボタンやFacebook Conversationsその他の機能があり、それによって、ログインその他のウェブサイトの機能、もしくはソーシャル ネットワーク サイトとのやり取りが可能になります。 操作や使用を含む、これらの「プラグイン」や機能、さらに、それらを使用する際にそうした第三者にお客様が提供する情報は、それらを提供している第三者のプライバシー ポリシーと方法に従って管理されます。 当社は、そうした第三者のプライバシー ポリシーや方法を管理しておらず、それに対する責任を一切負いませんのでご注意ください。 第三者からの「プラグイン」やその他の機能を使用する前に、そのプライバシーに関する通知や該当する規定などをよくご検討ください。

当社は情報をどのように利用するのか?

当社は情報を、下記のために利用する場合があります。

  • お客様からの質問や要請に応えるため。
  • 当社や当社の製品、サービス、販促活動、その他特別なオファーなどに関する情報をお客様に提供するため。これには、ターゲティング広告の配信も含まれます。
  • ウェブサイトのコンテンツや広告、オファーなどを調整し、お客様のウェブサイト上の経験をパーソナライズするため。
  • お客様のアカウントなどに関するやり取りを行うため。また、当社の判断によりSC Johnsonのポリシーに変更があった場合、お客様に影響があり得る変更について通知するため。
  • 当社のウェブサイトや製品、サービス、広告、販促活動、販売に関する、またそれらを管理し改善するための、調査や分析のため。これには、たとえば、当社のウェブサイトや製品、サービスの利用状況を把握することで、ウェブサイトをさらに使いやすくするなどの目的があります。
  • 取引処理を行うため。
  • お客様が登録したプログラムや販促活動の運営のため。これには、懸賞やコンテストも含まれます。
  • お客様が情報を入力した際に開示した、上記以外の活動の実行のため。
  • お客様がアクティブ化した、ソーシャル ネットワークの機能の実行のため。および/もしくは、
  • 上記のいずれかの目的のために、当社が収集あるいは受け取ったすべての情報を組み合わせて利用するため。

ショッピングや商業サービスとの関連でお客様が自身の財務情報を提供した場合、その範囲内で、当社はその財務情報を利用して該当する製品やサービスに対する請求を行います。 クレジットカード番号や関連する情報を入力することにより、お客様は当社のストアに対し、注文の確認と実行のために、その情報を商品提供者やクレジットカード会社に知らせてもよいと許可したことになります。

当社が個人情報を共有するのは、どういう場合か?

当社は、お客様の個人情報を第三者に販売、あるいは有償で貸し出すことはしません。 以下のような場合、当社はお客様の個人情報を当社の子会社や系列企業、ビジネス パートナー各社、サービス プロバイダーなどと共有する場合があります。 さらに当社がビジネス パートナー各社と、集計化した情報や匿名化した情報を共有し、それをパート  ナー各社が業務目的で利用する場合があります。

  • 第三者との個人情報共有に対するお客様の合意

当社の各ウェブサイトを閲覧中に、他社のマーケティングのオファーや情報を受け取ることに合意する、あるいは自身の情報を当社が第三者と共有することを許可する、という選択をすることができます。 自身の個人情報を共有してよいという選択あるいは合意をした場合、その個人情報は当該第三者に開示され、開示された個人情報は、その第三者のプライバシー ポリシーと業務方法によって管理されることになります。

  • SC Johnsonの子会社、系列企業、ビジネス パートナー

当社ではお客様の個人情報を、SC Johnsonがコントロールしている企業ファミリーに属する子会社や系列企業と共有する場合があります。あるいは、当社のパートナー企業や広告代理店、その他第三者と共有する場合があります。これは基本的に、そうした第三者との共同販売促進活動などのビジネスや業務目的のものです。

  • 当社のためにサービスを代行する第三者

お客様からの要請に対応し、各種の機能やサービス、資料を当社のウェブサイトで利用できるようにするため、またお客様からの問い合わせに対応するため、その他本セクションの「当社は、情報をどう利用するのか?」に挙げた目的のために協力してもらう系列関係やパートナー関係のない企業と、お客様の個人情報を共有する場合があります。 そうした、当社が情報を共有することがある無関係な他社としては、既存の、あるいは今後採用する可能性のある広告代理店、広告サービスのプロバイダー(ウェブサイトの追跡サービスも含む)、商業上のパートナー、スポンサー、ライセンシー、調査員、その他の類似した各社が考えられます。 さらに当社はお客様の個人情報を利用して、ソーシャル メディアの各種プラットフォームや第三者のウェブサイトでターゲットを絞った広告を発信する際の一般的な受け手セグメントの開発を行う場合があります。

  • 法的手続き、およびその他の特殊な状況

法的義務を果たすため、お客様の個人情報を第三者と共有せねばならない場合があります。たとえば、捜査当局からの要請があった場合、当社ウェブサイトの利用規定その他の適用されるポリシーを検証あるいは執行するため、あるいは当社ウェブサイトを閲覧する人や一般市民、第三者の権利や資産、安全、セキュリティを保護するため、などがあります。 さらに当社では、当社の事業部門やブランドの一部を他社に売却する場合に、お客様の個人情報を合わせて開示する場合があり得ます。

当社における情報保護の方法

当社では情報セキュリティを真剣に受け止め、業界で認められているセキュリティ手法によって、お客様の個人情報が未許可のアクセスや改ざん、損失、誤用などを被ることのないよう保護しています。 たとえば、当社が個人情報を保管するコンピューター システムは、アクセスが制限されており、しかも管理下にある施設に配置されています。 機密性の高い情報(たとえば、クレジットカード番号など)をインターネット経由で送信する場合には、データ暗号化という技術で保護しています。

特に、クレジットカード番号、社会保障情報、その他どのような個人のパスワードも、決してセキュアでないEメールで送信しないようにしてください。 さらに、パスワードを決して誰にも知らせないよう、またコンピューターを 放っておかないよう、そしてコンピューターの使用を終えるときには必ずログアウトするようにしてください。

クッキーやビーコンに関する追加情報と、情報の自動収集を中止する方法

SC Johnsonでは、自動化技術を用いて個人情報以外の情報を収集しています。 情報の自動収集を行うには、主にクッキーとウェブ ビーコンという2種類の技術を利用します。

  • 「クッキー」についての詳細情報

クッキーとは何か? – クッキーとは小さなファイルで、閲覧中のウェブサイトはそのブラウザーを経由して、そうしたファイルをユーザーのコンピューターに配置します。 クッキーには、ユーザーのコンピューターを識別し、閲覧したウェブページや広告、頻度、使用したブラウザーのタイプなどの情報を保管する機能があります。

クッキーは通常、使用しているインターネット ブラウザーが管理しています。

閲覧中のウェブサイトに無料のコンテンツがある場合(たとえば、espn.comなど)、他のウェブサイトや企業の広告も表示される場合が多いと思われます。 そうした場合、その閲覧中のウェブサイトと、その広告のスポンサーである各社とは、それぞれのクッキーをユーザーのコンピューターに配置する可能性があります。 関係のないウェブサイトにオンライン広告を表示させるには、主に第三者広告サービスと呼ばれる方法や、ターゲットを絞った広告を使うことになります。関係のないウェブサイトでのオンライン広告(第三者広告サービスや、ターゲットを絞った広告)と、その配信を中止する方法については、本「プライバシー保護について」で後で詳しく述べます

クッキーは、どのように使用されるのか? – クッキーは通常、セキュリティへの補助(たとえば、アクションのない時間が一定時間経過した場合、セキュリティ保護した閲覧セッションをタイムアウトする)、サイトのナビゲーション(たとえば、ユー ザーの好みを記憶しておき、言語の選択などを再度入力せずに済むようにする)、また閲覧をさらに心地よいものにする(たとえば、コンテンツや広告を配信する、またユーザーの閲覧の習慣に合ったものをオファーする)ために用いられます。

クッキーはユーザーのコンピューターの中に、その閲覧セッションの期間中、あるいは予め定められた期間だけ留まります。 閲覧セッションの間だけコンピューターに留まるクッキーは、「セッション」 クッキーと呼ばれます。(たとえば、オンラインの「 ショッピング・バスケット」の中身は、その閲覧セッションを終了すると消えます) 予め定めた期間だけユーザーのコンピュー  ターに留まるクッキーは、「持続的」クッキーと呼ばれます。(たとえば、多言語で閲覧できるウェブサイトで英語を言語として選ぶと、何週間あるいは何か月か後にそのウェブサイトに再度アクセスしても、そのコンテンツは英語で表示されます)。

クッキーの許可、使用禁止、あるいは削除 – ブラウザーの設定によって、クッキーを受け取る前にその通知が出るようにできる場合もあります。その場合、クッキーを許可するか、それともすべてのクッキーをブロックするかを切り替えることができます。 切り替え方法は、使用ブラウザーのヘルプ メニューを参照してください。

さらにほとんどのブラウザーでは、すでに保管してあるクッキーを消去することもできます。 クッキーを消去すると、多くの場合、アクセスするウェブサイトのパフォーマンスに望ましくない影響が出ます。そのため、そのウェブサイトにあるアプリケーションの一部が使用できない、コンテンツの一部が表示されない、といった問題が発生することがあるのでご注意ください。

コンピューターにインストールされたクッキーを削除する方法については、使用ブラウザーのヘルプ メニューを参照してださい。 下記は、よく利用されるインタネット ブラウザーの、クッキー管理方法を説明するページへのリンクです。

さらに、当社のウェブサイトの一部では、あるアイコン(たとえば、AdChoiceアイコンなど)をクリックすると、当社ウェブサイトでクッキーを使用している企業と、そのクッキー使用に関する選択とがユーザーに表示されます。通常、このアイコンは ウェブページのフッターにありますが、その他のボタンである場合もあります。

以下で、クッキーについてのさらなる情報を入手できます。

http://allaboutcookies.org/

http://www.onguardonline.gov/

  • 「ビーコン」についての詳細情報

ウェブ ビーコンとは何か? – ウェブビーコンとは小さなコンピューター・コードで、透明なグラフィック画像の中に配されています。閲覧しているウェブサイトや受信するEメールの中に配置されている場合があります。 ウェブ ビーコンが目に見えないのは、多くの場合、目に見える画像の中の極めて小さな箇所に入っているためです。 ウェブ ビーコンはピクセルタグ、クリアーGIF、ウェブ バグとも呼ばれます。

ビーコンは、どのように使用されるのか? – ウェブ ビーコンは通常、ウェブサイトのトラフィックをモニターするために使用します。 ウェブ ビーコンはまた、クッキーと併用して、ウェブサイトのユーザーがそのウェブサイトのコンテンツをどのようにナビ  ゲートし、処理しているのかを探るために使用することもあります。 たとえば、ある企業が複数のウェブサイトのネットワークを有している場合、ウェブ ビーコンを用いてそれらウェブサイトを訪れるユーザーをカウントし、認識する場合があります。   ユーザーを認識することで、ウェブサイトの所有者は、各ユーザーのアクセスに合わせてウェブサイトをパーソナライズし、さらにユーザーにとってフレンドリーなものにすることができます。

ウェブ ビーコンの削除方法 – ウェブ ビーコンを削除するには、ブラウザーからクッキーを削除する必要があります。(上記の「クッキーの許可、使用禁止、あるいは削除」のセクションを参照)

ウェブ ビーコンに関するさらに詳しい説明は、以下のページにあります。

http://www.allaboutcookies.org/faqs/beacons.html

無関係なウェブサイトでのオンライン広告(第三者広告サービスや、ターゲティング広告)に関する詳細と、その配信を止める方法

当社ならびに当社の販促や広告のパートナー各社では、クッキーやビーコンが収集した情報を利用して、第三者広告サービスや、ターゲティング広告を展開します。

第三者広告サービス、またターゲティング広告とは何か? -- 第三者広告サービスは、関係のない企業のウェブサイトに広告を配信するうえで、最も広く利用されている手法です。 たとえば、espn.comなどのスポーツ ネットワークのウェブサイトを見ると、その会社とは関係のないスポーツ用品企業の広告が表示されています。

第三者広告サービス、またターゲティング広告は、どのように機能するのか? – 第三者広告サービスでは、クッキーやウェブ ビーコンのような技術を利用し、ユーザーがアクセスしたウェブサイトから使用状況に関する情報を集めます。 その情報を利用して、そのユーザーの関心を探り、該当しそうな製品やサービスのサプライヤー企業とマッチングします。 そうした候補となるサプライヤーが、ユーザーの閲覧しているウェブサイトと、該当する広告を配信する契約をしている場合、ユーザーのインターネット ブラウザーが関連する広告情報を集め、ウェブサイト自体は、そうした広告を出す企業とは無関係ですが、ユーザーがそのウェブサイトを閲覧している間に、それらの広告を表示します。

第三者広告サービスを制限するには? – ユーザーが第三者広告サービスを制限する、あるいは中止するための法律、もしくは業界による自己規制を導入している司法管轄区域もあります。 自社の広告の内部あるいは近くにアイコン(たとえば、AdChoicesのようなアイコン)を組み込む広告主が増えています。これは、該当する業界の自己規制を順守していることを示します。 このアイコンを選択すると別のウェブサイトが現れ、そこでコンピューターへの広告配信を制限する、あるいは中止することができます。 ただし、こうしたアイコン(AdChoicesも含みます)でできるのは、第三者広告 サービスをそのアイコンで管理できることに合意している企業の広告だけだという点にご注意ください。

ある広告に該当するアイコンがない場合には、第三者による広告が送信されているウェブサイト(上の例であれば、espn.com)、あるいは実際の広告主のウェブサイトで、プライバシー ポリシーをお読みください。そこに、第三者による広告の配信を中止する方法が記載されていることがあります。

第三者広告サービスと、それによる広告の配信を中止する方法に関する、さらに詳しい説明は以下のページにあります。

http://www.aboutads.info/

こうした広告ネットワークまたは企業については、SC Johnsonには何の管理権限もない点にご注意ください。

トラッキング拒否とは? – トラッキング(追跡)拒否というのはプライバシー保護に関する選択で、ウェブサイト間におけるオンライン上の活動のトラッキングを自らコントロールできるようブラウザーで設定することができます。

トラッキング拒否の信号を受け取った場合の、当社の対応 – SC Johnsonの各ウェブサイトでは今のところ、ユーザーのウェブ ブラウザーから設定したトラッキング拒否に対応していません。

SC Johnsonのウェブサイトでの業務や個人情報の国際的な送受信を行う際、どの法律が適用されるのか?

当社のウェブサイトはアメリカ合衆国の法律に統治され、それに準拠して運営されています。同時に、当社が業務を行っている各国の法律も順守するように作られています。

当社は国際的に業務を展開しているため、ウェブサイトをサポートし個人情報を処理しているコンピューター サーバーは、お客様が当社のウェブサイトにアクセスし、情報が収集された場所とは別の国にある場合があります。 そのため、個人情報の処理や保管は他の国で行われたり、情報が国外へ転送されたりすることがあり、その国のプライバシー保護法はお客様の居住国のものとは異なる場合があります。 その場合、当社では個人情報をこの「プライバシー保護について」に基づいて扱います。

当社のウェブサイトを使用する場合、また情報を入力する場合には、下記のように見なされる点にご注意ください。 (a) 当社の各ウェブサイトにはアメリカ合衆国の法律が適用されることに合意する。また、(b) 入力する情報が、アメリカ合衆国やその他の国で収集・処理・維持される、および/またはそれら諸国へ転送されることを承諾する。

一部の国の法律では、本「プライバシー保護について」において、当該国の法律に関連する特定の情報を記載することを義務付けている場合があります。 そうした諸国に関する情報を読むには、下記をクリックしてください。 こうした各国に固有の規定が本「プライバシー保護について」、およびSC Johnsonがオンラインで収集した情報とに適用されるのは、該当する司法管轄区域の法律がその適用を要求している場合、およびその範囲内に限ります。

オーストラリア

アルゼンチン

カナダ

メキシコ

韓国

 

SC Johnsonの米国とEU間ならびに米国とスイス間のセーフ ハーバー規定参加に関する情報

SC Johnson では、米国商務省がEU加盟諸国ならびにスイスからの個人情報の収集や利用、保管に関して設けている米国とEU間ならびに米国とスイス間のセーフ ハーバー規定を順守しています。 SC Johnsonでは、通知、選択、転送、セキュリティ、データの完全性、アクセス、執行について、このセーフ ハーバーの原則を順守しており、そのことを確認していす。 セーフ ハーバー プログラムに関する詳細、また当社の順守確認を示すウェブページは、下記をご覧ください。http://safeharbor.export.gov/companyinfo.aspx?id=10216

米国とEU間ならびに米国とスイス間のセーフ ハーバー原則に則り、SC Johnsonでは、お客様のプライバシーや当社によるお客様の個人情報の収集・利用に関する苦情の解消に努めています。 EUあるいはスイス市民で、本「プライバシー保護について」に関する質問や苦情がある場合には、まず下記でSC Johnsonにご連絡ください。

c/o S.C. Johnson & Son, Inc. - Privacy Inquiries
1525 Howe Street MS048
Racine, WI 53403
USA
PrivacyInquiries@scj.com

SC Johnsonではさらに米国とEU間ならびに米国とスイス間のセーフ ハーバー原則に則り、未解決のプライバシーに関する苦情については、BBB EUセーフ ハーバーという独立した紛争調停制度による調停を行います。これは、商事改善協会評議会(Council of Better Business Bureaus)が運営している制度です。 苦情を提出したのに受け取りの通知がない場合、あるいはSC Johnsonによる対応に満足できない場合には、下記のBBB EUセーフ ハーバーのウェブサイトをご覧ください。さらに詳しい解説があり、また苦情を提出するができます。 http://www.bbb.org/us/safe-harbor-complaints 

本「プライバシー保護について」への変更があった場合の通知方法

当社は、本「プライバシー保護について」を適宜改定する権利を留保しています。 重要な変更を加えた場合には、その変更について適切な通知を行うようにします。 「プライバシー保護について」への変更は、その変更を該当するウェブサイトで発表した時点で直ちに発効します。 時折、ウェブサイトでご確認ください。

本「プライバシー保護について」や個人情報について、当社に連絡する方法

本「プライバシー保護について」、または個人情報に関する質問や懸念事項がある場合には、下記のEメール アドレスもしくは郵便用の住所で、当社までお知らせください。お客様からの要請事項は、米国にあるカスタマー サービス セン ターで対応します。

Eメールの場合: PrivacyInquiries@scj.com

郵便の場合: c/o S.C. Johnson & Son, Inc. - Privacy Inquiries
1525 Howe Street MS048
Racine, WI 53403
USA

国によっては適用される法律により、司法管轄区域において該当する場合、お客様が当社に対し下記のことを要請する権利が認められています。

  • 当社による個人情報などの処理に関する説明を提供すること。これには、当社が個人情報を入手するソース、個人情報を処理する方法、および当社が保有している自身の個人情報の写しを要請するための情報も含まれます。
  • 自身の個人情報を修正、あるいは更新すること
  • 今後、当社からの連絡を受け取らないようにすること
  • 自身の個人情報を削除すること
  • 自身の個人情報の処理を中止するよう求めること
  • 自身の個人情報を共有している第三者に変更を知らせる、あるいはその情報の削除を求めること

司法管轄区域によっては、上記の権利すべてが認められていないこともあります。SC Johnsonでは、当該地域で適用される法律を順守します。

当社の定期的な記録保管作業に基づき、当社の判断により、時折、個人情報を含む記録を削除する場合があることに留意してください。

国固有の情報

下記の各国に固有の情報が本「プライバシー保護について」、およびSC Johnsonがオンラインで収集する情報に適用されるのは、当該司法管轄区域の法律がそうした適用を要求する範囲内に限ります。

Australia -

To the extent required by applicable Australian law, we will take such steps as are reasonable to ensure an overseas recipient to whom we disclose your personal information complies with applicable Australian law in relation to your personal information.  This may not apply, for example, where you have provided consent in accordance with Australian law.

If you request information about our processing of your personal information and we are not required to provide you such information under applicable Australian law we will instead provide you with written notice of this.

In the alternative of correcting or updating your personal information as requested by you, we may instead provide you written notice of this and you may further request us to associate with your personal information a statement that the information is inaccurate, out-of-date, incomplete, irrelevant or misleading and we will take reasonable steps to associate such statement with your personal information.

Also note that applicable Australian law may grant you the right to request further information about how we deal with a privacy complaint.  If you have questions regarding the foregoing, or any complaints about an alleged breach of privacy laws in Australia, please contact us as indicated in this Privacy Notice.

Argentina -

La información personal recopilada por SC Johnson se tramitará de conformidad con la Ley N.° 25.326 de la República Argentina. Tomamos la seguridad de la información en serio y utilizamos medidas de seguridad aceptadas por la industria para ayudar a proteger su información personal de acceso no autorizado, alteración, pérdida o uso indebido, todo ello de conformidad con la Resolución N.° 11/2006 de la Autoridad Nacional de Protección de Datos de Argentina, y las Secciones 9 y 10 de la Ley N.º 25.326.

En cuanto a los derechos de privacidad específicos concedidos en virtud de la Ley N.° 25.326, usted tiene derecho a ejercerlos a través de solicitudes formuladas de forma gratuita en intervalos de seis meses, a menos que exista una razón legítima para un acceso más frecuente, como se define en la Sección 14, párrafo 3 de la Ley N.° 25.326. Con el fin de poder proporcionar una respuesta a su solicitud, debe enviarnos la información suficiente para que podamos identificarlo, además de su información personal. Vamos a responder a sus solicitudes de acuerdo con los artículos 14 y 16 de la Ley N.° 25.326. La Autoridad de Protección de Datos Nacional de Argentina, en su función de Agencia de Control responsable de hacer cumplir la Ley N.° 25.326, tiene la atribución de recibir las denuncias y quejas presentadas en relación con una violación de las normas de protección de datos personales.

Canada -

Your personal information may be maintained in or be accessible from our offices at Racine, Wisconsin, USA and other locations outside of Canada.  You should be aware that privacy laws in such countries differ from the Canadian privacy laws and that in some countries your personal information may be accessed by law enforcement authorities or the courts.  If you would like to obtain more information about our policies and practices with respect to processing your personal information in such countries, please contact us as indicated in this Privacy Notice.

You can also learn more about third party ad serving and how to limit related advertisements at http://youradchoices.ca/, the official website of the Digital Advertising Alliance of Canada’s Self-Regulatory Program for Online Behavioural Advertising.

CANADA -

Vos informations personnelles peuvent être conservées dans nos bureaux ou être accessibles depuis ceux-ci, situés à Racine, dans le Wisconsin, aux États-Unis et autres sites en dehors du Canada. Vous devez savoir que les lois sur le respect de la vie privée dans ces pays diffèrent des lois canadiennes sur le respect de la vie privée, et que dans certains pays, des autorités d’application de la loi ou les tribunaux peuvent accéder à vos informations personnelles. Si vous souhaitez obtenir plus d’informations sur nos politiques et pratiques relatives au traitement de vos informations personnelles dans ces pays, veuillez nous contacter, comme indiqué dans le présent Avis de confidentialité.

Pour de plus amples informations au sujet des annonces publicitaires émanant de tiers et sur la façon de les limiter, consultez http://youradchoices.ca/fr/, le site internet officiel du programme d’autoréglementation sur la publicité comportementale en ligne  de l’Alliance de la publicité numérique du Canada.

México -

Tenga en cuenta que los sitios mexicanos no están destinados a niños menores de 18 años. Si usted es menor de 18 años, por favor, no proporcione información de ningún tipo. No recopilamos información personal de ninguna persona que sabemos que es menor de 18 años de edad.

대한민국 -

당사의 대한민국 웹사이트는 14세 미만의 어린이를 위한 것이 아닙니다. 14세 미만의 어린이에게는 어떠한 정보도 제공하지 마십시오. 당사는 실제로 14세 미만이라고 파악되는 어떠한 사람의 개인 정보도 수집하지 않습니다.

당사는 관련 법규에 의해 요구되지 않는 한 사용자의 허락 없이 개인 정보를 제3자에게 제공하지 않습니다. 단, 서비스 품질을 개선하기 위한 목적으로 자회사, 계열사, 후원업체 및 당사를 대행하여 서비스를 제공하는 제3자에게 개인 정보를 제공할 수 있습니다. 이 경우, 당사는 사용자에게 개별적으로 관련 정보, 제공 목적, 정보의 내용을 서면이나 이메일을 통해 또는 웹사이트를 통해 사용자의 허락(예: 동의 버튼 클릭)을 요구는 방법으로 통지합니다. 당사는 위 절차 수행 중에 본 개인정보보호 고지사항에 명시된 상황에서 개인 정보를 공유할 수 있습니다.

수집된 개인 정보는 사용자가 당사의 서비스를 이용하는 동안 보유 및 사용될 수 있습니다. 당사는 정보를 수집한 본래의 목적상 개인 정보가 더 이상 필요하지 않거나, 사용자의 파기 요청이 있거나, 당사가 정보를 보유할 수 있도록 허락한 사실을 사용자가 철회하거나, 사업상의 이유로, 또는 대한민국의 관련 법규에 의해 요구되는 경우, 보유하고 있는 모든 개인 정보를 파기할 것입니다.

단, 당사는 정보를 수집한 목적상 더 이상 개인 정보를 보유해야 할 근거가 없어진 후에라도 상법(Commercial Law) 및 전자상거래법(E-Commerce Act)의 소비자보호법(Consumer Protection Act)의 관련 조항에 따라 요구되는 경우 사전에 개인 정보의 유지 및 사용에 대한 약관을 통지하거나 명확하게 공지합니다.

당사는 내부 정책 및 관련 법규에 따라 특정 기간 동안 정보를 보유한 후 정보를 수집한 목적상 더 이상 이를 보유할 필요가 없어진 후에 즉시 개인 정보를 파기합니다.